米国株ETFまとめ速報

米国株やETF等のまとめを行っています。 市場参加者の反応や銘柄に対する考え方等を見て楽しんでいただければ幸いです。

    投資に関しては自己責任でお願い申し上げます。
    掲載した情報に基づき被った損害につきましては、当ブログは一切責任を負いません。

      mixiチェック
    【【含み損を耐える会】含み損欲張り3点セット?狼狽売り。ダメ。ゼッタイ?】の続きを読む

      mixiチェック
    【【米国株】とりあえず雇用統計待ち?安定したポートフォリオに刺激のある銘柄を混ぜると祭りを楽しめる?】の続きを読む

      mixiチェック
    【【米国株】季節のアノマリーとは?ボラが大きいときは楽しいよね?】の続きを読む

      mixiチェック
    【【米国株】原油ってプロでも避ける市場?押し目待ちに押し目無し?】の続きを読む

      mixiチェック
    【【インデックス・バランス】4/1時点主要インデックス・バランスファンド成績一覧 ※ご自身でも数値をお確かめください】の続きを読む

      mixiチェック
    【【米国株】3/31前日比下げ率順 銘柄一覧 ※ご自身でも数値をお確かめください。】の続きを読む

      mixiチェック
    【【米国株】好景気の時には目もくれなかった高配当株だけどみんなが手放した今がチャンス?】の続きを読む

      mixiチェック
    1: 田杉山脈 ★ 2020/04/01(水) 20:23:54.73 ID:CAP_USER
    世界の株式相場は四半期ベースで2008年の金融危機以来最大の下落から回復を試みるものの、状況はさらに悪化するとベテラン投資家ジム・ロジャース氏は述べた。

    ロジャース・ホールディングスの会長を務める同氏は、極端な悲観論の後の相場反発はしばらく続くかもしれないが、さらなる総崩れが差し迫っていると予想。新型コロナウイルス感染拡大による経済的打撃と高い債務水準、低金利の三重苦が理由で、金利が上昇すれば痛手になると話した。

    電話インタビューに応じたロジャース氏は「今後数年は、私の人生で最悪の弱気相場になると予想する」と語った。さらに、経済への新型コロナの影響は「多くのダメージを踏まえればすぐになくなることはない」との見方を示した。

    リセッション(景気後退)入りはほぼ確実との懸念が市場に広がり、株式相場は1-3月期に大幅下落。世界各国政府が大型景気対策を打ち出し、中央銀行が緊急利下げに踏み切ったものの、新興国と先進国の株式のグローバル指標は四半期ベースで08年以来最悪のリターンを記録した。

    ロジャース氏は最近の質への逃避には驚いておらず、苦境にある市場の「十分に試された真の」機能だと指摘。 「弱気相場では負債が少ない企業が最も好まれる銘柄であることは歴史を通して疑問の余地がない。経営破綻を心配しなくて済むからだ」と述べた。

    また、強力な市場シェアを持つ企業も借入金が多くない限り、比較的痛手を受けにくい傾向があると付け加えた。同氏は今のところ米ドルで「多くの現金」と、幾らかの中国株とロシア株を保有しており、日本株投資も検討中だと述べた。中国や世界の観光や運輸、航空、農業といった最も打撃を受けているセクターの一部に投資する機会を待っているという。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-01/Q835N3T0G1KY01

    【【経済】ジム・ロジャース氏、今後数年は「自分の人生で最悪の弱気相場」へ】の続きを読む

      mixiチェック
    1: ぎんれいくん(東京都) [US] 2020/04/01(水) 15:33:44.86 ID:e6yal4IT0● BE:295723299-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    https://i.imgur.com/LsSvdu6.jpg

    【日経平均株価急落 18,065.41円(-851.60 -4.5%) 一時-1,000超える場面も】の続きを読む

      mixiチェック
    【【ダブルインバース部】残り10分に力溜めてる?痩せたな印旛…?】の続きを読む

    このページのトップヘ