米国株ETFまとめ速報

米国株やETF等のまとめを行っています。 市場参加者の反応や銘柄に対する考え方等を見て楽しんでいただければ幸いです。

    投資に関しては自己責任でお願い申し上げます。
    掲載した情報に基づき被った損害につきましては、当ブログは一切責任を負いません。

    カテゴリ: ニュース

      mixiチェック
    1: チミル ★ 2020/05/21(木) 16:39:33.86 ID:aZdDaQP39
    point
    ・摘出した脊髄の長期生存と人工培養にはじめて成功した
    ・脊髄とつながると培養筋肉は自然なリズムで動きはじめた
    ・生きた脊髄と生きた筋肉を使ったバイオロボットが完成した

    ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

    近年の急速な生物工学の発展により、ロボットの部品に生体組織を組み込むことが可能になりました。

    以前の研究でも、カエルの筋肉からなる生体ロボット(ゼノボット)に、前進移動する能力を与えることに成功しています。

    しかし、機械が筋肉を自由に稼働させるために必要な制御技術は、まだ確立されていません。化学薬品や電気刺激によっても筋収縮の制御は可能ですが、自然とは言い難い方法です。

    そんな中、アメリカの研究者が、新生児ラットから摘出した脊髄パーツ(腰椎)を筋肉と神経接続させた結果、自然な歩行リズムで筋肉を収縮させることに成功しました。


    ※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
    https://nazology.net/archives/59974
    https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/05/99ef06bff4c124205a2035e25a7b8779-768x385.png

    【【米国】「生きた筋肉」と「生きた脊髄」を接続したバイオボットの作成に成功!】の続きを読む

      mixiチェック
    1: ごまカンパチ ★ 2020/05/23(土) 18:44:13.24 ID:18Kz8ztF9
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200522-00010002-finders-env
     年々深刻化している、プラスチック廃棄問題。
    WWFによると現在、地球上の海を漂うプラスチックの量は1億5000万トンと推定されており、多くの海洋生物たちが深刻な被害を受けている。
    さらに、これらのプラスチックはほとんどが自然分解されないため数百年に渡って海に残り続けるというのだ。
    そんな中、オランダの生化学会社が開発した、プラスチックに代わる素材がこの問題を解決してくれるのでは、と期待が寄せられている。

    ■1年で分解できる、植物由来のプラスチック
    オランダの生化学会社であるアバンティウム社は、自然分解に数百年を要するプラスチックに代わって、わずか1年以内で分解することができる
    「バイオプラスチック」を開発したと、『The Guardian』が報じた。
    通常プラスチックは石油などの化石燃料から作られるが、このバイオプラスチックは、植物から抽出した糖分を利用して作られる。
    生ごみ処理機で1年以内、屋外放置で数年以内に自然分解ができると実証されているとのこと。環境問題に対する解決の糸口になりそうだ。

    ■大手ビールメーカーなどが支持
    現在このプロジェクトに、ビールメーカーのカールスバーグや飲料メーカーのコカ・コーラ、ヨーグルトメーカーとして知られるダノンなどが支持を表明している。
    中でも、カールスバーグはダンボールで作られたボトルの内側にこのバイオプラスチックを貼り付けた、100%植物由来の「グリーンファイバーボトル」の開発にすでに取り組んでおり、
    早ければ2023年までにこれらのボトルが市場で販売される予定だ。

    現在このバイオプラスチックはとうもろこし、ビーツ、小麦から抽出される糖分を利用し、年間5000トンほどの量を製造される予定だが、
    アバンティウム社は将来的な需要の増加を考え、食品ではなく、生ゴミを原料とするバイオプラスチックの開発に取り組んでいくという。

    ■年内に大規模投資。さらなるパートナーシップも
    アバンティウム社の最高責任者であるトム・ヴァン・アカン氏は、現在世界的なコロナ危機にも関わらず、プロジェクトが順調に進んでいると明かし、
    年内にこの技術への大規模な投資が行われることを期待しているという。
    また夏以降に、さらなる食品メーカー、飲料メーカーとのパートナーシップを発表するという。

    今まで不可能に思えたようなことも、こうやって少しずつ実現されていく。技術の進歩には目をみはるばかりだ。
    プロジェクトを後押しする意味でも、まずは自分の身の回りから出るプラスチックゴミの削減に取り組んでみてはいかがだろうか。

    【【新素材】わずか1年で分解される植物由来のプラスチックに世界中から期待の声。コカ・コーラもプロジェクトを後押し】の続きを読む

      mixiチェック
    1: 張り手(東京都) [ニダ] 2020/05/22(金) 20:06:26.81 ID:5Fl0ntj40● BE:123322212-PLT(14121)
    sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
     日産自動車が、採算が悪化している欧州や新興国を中心に世界で2万人を超える人員削減を視野に入れていることが22日分かった。
    新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要減少で経営が厳しくなっているため、生産体制の縮小により立て直しを図りたい考えで、
    国内拠点の再編も検討。雇用面への新型コロナの影響が深刻化してきた。

     経営危機に陥った1999年に、最高執行責任者(COO)だった前会長のカルロス・ゴーン被告が発表した経営再建計画
    「日産リバイバルプラン」以来の大規模な人員削減となる。日産は以前から主力の米国市場などの販売不振が続いていたが、
    コロナで苦境が深まっている。

    https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020052201001427.html

    【日産、経営危機が深刻化 2万人削減の大リストラを検討】の続きを読む

      mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/05/23(土) 16:29:24.20 ID:Kg0wTaQa0
    米紙ワシントン・ポスト(電子版)は22日、トランプ政権が核爆発を伴う核実験の実施について協議したと報じた。実施すれば1992年以来、28年ぶりとなる

    強力な核戦力を示すことで中国やロシアに核軍縮を迫る交渉材料になるとの見方が出ているという。国連が1996年に採択した包括的核実験禁止条約(CTBT)に違反し、世界的な核拡散に拍車がかかる恐れがある。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59497780T20C20A5NNE000/

    【【不穏】トランプさん、このコロナ渦の中で核実験を検討してしまう】の続きを読む

      mixiチェック
    1: HAIKI ★ 2020/05/24(日) 12:22:04.02 ID:CAP_USER
    リズム時計工業(7769)は22日、商号を10月1日付で「リズム」に変更すると発表した。

    続きはソース元で
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL22HSP_S0A520C2000000/

    【【企業】リズム時計工業、「リズム」に商号変更】の続きを読む

      mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/05/23(土) 07:29:54.91 ID:xjHymapz0
    ジム・ロジャーズ 日本株を再び買い始めた
    https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00087/052100044/

    「実は、昨日(5月18日)、日本株を買った。なぜなら、日銀が毎日株式を買っているからだ。
    私も同じようにしたほうがいいと思った。日銀は私よりもはるかにたくさん日本株を買ってい
    る。日銀が買い続けるなら、しばらく株価は上向くに違いない」

    【【悲報】ジム・ロジャーズ「私は日本株を買いました」】の続きを読む

      mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/05/22(金) 22:30:46.56 ID:KkqdmPhf0
    スウェーデンの抗体保有率は約7%「集団免疫」の獲得には程遠い状況

    https://news.livedoor.com/topics/detail/18299014/

    スウェーデンは、首都に住む人の新型コロナ抗体保有率が7.3%だと明かした
    日常生活の制限がほぼない同国だが、「集団免疫」の獲得には程遠い状況だ
    7.3%の数値は、集団免疫の形成に必要な70~90%をはるかに下回る

    【スウェーデン「集団免疫無理っぽいwノーガードだったのに7%しか抗体ないわ」】の続きを読む

      mixiチェック
    1: ムヒタ ★ 2020/05/22(金) 14:13:29.03 ID:CAP_USER
    シャープは20日に実施した4回目のマスク抽選販売の結果を公表した。前回までの応募者が自動的に次回抽選に組み込まれるため、依然として倍率は100倍を超えている。ただ、4回目の新規応募者は32万人と、最も多かった3回目(65万人)の半分以下に減った。

    50枚入り7万箱を販売し、当選者には既にメールで通知している。次回抽選は27日。販売数は7万箱を予定している。26日正午までに専用サイトから応募できる。サイトへのアクセス集中をさけるため、当面は抽選販売を続ける方針だ。

    マスクは増産が進み、ドラッグストアなど店頭でも在庫が戻りつつある。
    2020/5/22 14:06
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59441650S0A520C2000000/

    【【企業】シャープのマスク抽選、4回目の新規応募に32万人】の続きを読む

      mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/05/21(木) 06:52:51.73 ID:rZv1Kb2o0
    オンライン申請で情報流出 雇用助成金、システム不具合 厚労省

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200520-00000065-jij-pol

    【【悲報】助成金申請の個人情報、流出する】の続きを読む

      mixiチェック
    1: 生玉子 ★ 2020/05/21(木) 16:23:02.22 ID:Onysrwmd9
    2019年に全世界で販売されたクルマの車名別販売台数による順位が明らかになりました。SUV人気が高まる中、依然としてセダンやトラックが売れている地域もあり。トップ20台の半数以上を日本車が占めています。

    20位 ヒュンダイ・エラントラ 51万3813台
    19位 ヒュンダイ・トゥーソン 52万7238台
    18位 スズキ・スイフト 53万9432台
    17位 トヨタ・ヤリス(ヴィッツ) 55万3950台
    16位 フォルクスワーゲン・パサート 57万2043台
    15位 ホンダ・アコード 59万5104台
    14位 ホンダHR-V(ヴェゼル) 62万2154台
    13位 フォルクスワーゲン・ゴルフ 64万1322台
    12位 シボレー・シルバラード 64万2126台
    11位 トヨタ・カムリ 71万701台
    10位 フォルクスワーゲン・ポロ 72万4508台
    9位 日産シルフィー 72万9218台
    8位 ダッジ・ラム 75万4172台
    7位 日産エクストレイル 76万1081台
    6位 フォルクスワーゲン・ティグアン 77万84台
    5位 ホンダ・シビック 81万7902台
    4位 ホンダCR-V 82万3237台
    3位 トヨタRAV4 96万1918台
    2位 フォードFシリーズ 107万348台
    1位 トヨタ・カローラ 148万2932台

    https://www.autocar.jp/news/2020/05/21/516189/

    【【1位は日本車】2019年に世界で最も売れたクルマ20選 半数以上を日本車が占める】の続きを読む

    このページのトップヘ