米国株ETFまとめ速報

米国株やETF、投資信託等に興味のある人が楽しめる記事を作成・掲載しています。負けから学び、勝ちを拾おう。米国株はドラマチック…!!

    投資に関しては自己責任でお願い申し上げます。
    掲載した情報に基づき被った損害につきましては、当ブログは一切責任を負いません。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】みんなは投資信託とETFどっち派?高値更新するシナリオも考えてる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【ワイ26やが積立NISA始めた方がええか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】証券会社の研修用テキストがフリマアプリで売られている!?債券ってどういう時に買う物?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】iDeCoは買う銘柄さえ間違わなければ円安は関係ない?大きな利益を狙わずにエネルギーと海運の高配当をコツコツ集める?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【含み損を耐える会】フルポジってお腹痛くならないの?メガバンク以外の以外の銀行銘柄を買うメリットがわからない?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【論理的思考で考えると積立NISAの一時積み立てを停止すべきだが直感が買い増やせと言ってる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【含み損を耐える会】楽天まだ底って感じがしないよな??高値掴みしたやつがやっと売れたと思ったら、その後ぐんぐん上がって悔しい…?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 山師さん 2022/05/23(月) 09:26:16.62 ID:1P2LfRdX9
    幻冬舎 5/22(日) 11:16

    平均手取り25万円だが…絶望するしかない、ブラック企業の「少なすぎる基本給」
    低すぎる給与、長時間の労働、常態化しているハラスメント……さまざまな問題を抱えるブラック企業。今回は「給与」に焦点をあてて考えていきます。

    この言葉が生まれたのは2001年。巨大掲示板で生まれた就職活動板が発祥です。2008年には書籍『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』(新潮社)が出版され、2013年には「ブラック企業」が新語・流行語大賞を受賞し、世に定着しました。

    厚生労働省では、ブラック企業を特に定義しておらず、色々な言われ方をしていますが、年に1回、大賞を決めていた『ブラック企業大賞』のホームページによると、以下のように定義しています。

    (1)労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いている企業、
    (2)パワーハラスメントなどの暴力的強制を常套手段として従業員に強いる体質を持つ企業や法人(学校法人、社会福祉法人、官公庁や公営企業、医療機関なども含む)
    出所:ブラック企業大賞ホームページ

    分かりやすくいうと「残業時間」「労働条件」「人事権」「ハラスメント」の4つの基準で考えると、ブラック企業といえるかどうか、みえてくるでしょう。

    残業時間では「月45時間」。法律上、会社が命じることができる残業時間の上限は、原則45時間。繁忙期は別として、これが常態化している企業はブラック企業の可能性があります。

    1ヵ月20日程度の出勤と考えると、1日あたり2時間強の残業……意外と、多くの企業が当てはまりそうです。

    「労働条件」については、まずは賃金。最低賃金を下回っているかどうかが、ひとつの基準。東京都であれば、時給1,041円になります(令和3年10月1日~)。

    ほかにも「説明のない賃金の引き下げ」「サービス残業」「年間休日105日以下」「有給休暇が承認制」なども、ブラック企業かどうかを見極める基準になります。

    「人事権」については「理由なき解雇」「届け出なしの退職扱い」「退職届を提出も退職できない」など、恣意的な人事権の行使がブラック企業かどうかの基準です。

    「ハラスメント」については「ハラスメントの是正処置が講じられない」「相談窓口がない」「相談することで不利益を被る」などがあれば、ブラック企業の可能性が高いでしょう。

    またブラック企業の例としては、厚生労働省が公表している『労働基準関係法令違反に係る公表事案』が参考になります。

    低すぎる基本給…会社が喜ぶカラクリ
    「うちってブラック企業かもしれない……」

    そう感じているなら、一度、給与明細をしっかりとチェックした方がいいかもしれません。ブラック企業ほど、基本給を異常なまでに低く設定している可能性があります。

    ※全文はリンク先で
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/6b0b189559fac10e7e3a5597815621b59efcdc61&preview=auto

    【年齢別「下位10%の基本給」】
    20~24歳:158,400 円
    25~29歳:173,400 円
    30~34歳:190,100 円
    35~39歳:197,900 円
    40~44歳:204,700 円
    45~49歳:210,700 円
    50~54歳:210,900 円
    55~59歳:212,000 円
    60~64歳:208,300 円
    厚生労働省『令和3年賃金構造基本統計調査』

    【平均手取り25万円だが…絶望するしかない、ブラック企業の「少なすぎる基本給」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】サブプライム層がローンを滞納、人は過ちを繰り返す…!?レイ・ダリオのオールウェザーポートフォリオ、年初来リターンは微妙?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【【悲報】ワイの積立NISA、まもなく利益ゼロへ】の続きを読む