米国株ETFまとめ速報

米国株やETF、投資信託等に興味のある人が楽しめる記事を作成・掲載しています。負けから学び、勝ちを拾おう。米国株はドラマチック…!!

    投資に関しては自己責任でお願い申し上げます。
    掲載した情報に基づき被った損害につきましては、当ブログは一切責任を負いません。

    2022年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【【安価】TKGにかけるもの決めてくれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 山師さん 2022/01/31(月) 20:45:03.98 ID:CAP_USER
    セブン&アイ・ホールディングス(7&iHD)が、傘下の百貨店事業会社、そごう・西武を売却する方向で最終調整に入ったと日経新聞電子版が31日に報じた。売却額は現時点では2000億円以上を想定しているもようだという。

    日経の報道によると、7&iHDは不振が続く百貨店事業を切り離して、海外を中心に成長を見込むコンビニ事業に経営資源を集中する考えで、売却先は複数の投資ファンドや事業会社が候補になる見通しだという。2月中に価格などの条件を含めた交渉に入り売却先の選定を開始すると伝えている。

    そごう・西武のウェブサイトによると、現在西武が6店舗、そごうが4店舗を運営している。関連会社には雑貨を取り扱うロフトもある。

    7&iHDが7月に発表した2026年2月期までの中期経営計画では、抜本的な事業構造改革やシナジー創出などによる利益の底上げを通じ、重点成長分野に経営資源をシフトする方針を示していた。さらに、一部事業の譲渡先として「ベストオーナー」を検討する計画も明らかにしていた。

    7&iHDの広報担当はブルームバーグの電話取材に対し、あらゆる可能性を排除せずに検討しているのは事実とした上で、現時点で決まったことはないとコメントした。

    同社の株主でアクティビスト(物言う株主)の米バリューアクト・キャピタル・マネジメントは26日、7&iHDの取締役会に対し、社外取締役による戦略検討委員会を設置して事業売却などの妥当性を検討するよう求める書簡を送付したことを明らかにし、書簡に対する見解を2月3日の定時取締役会後に公表するよう求めていた。

    書簡では、7&iHDが戦略的な集中に欠けており、株価が適正価格を大幅に下回っていると指摘。株主としてグループ営業利益のほとんどを稼ぐコンビニエンスストア事業に集中すべきだと再三提言してきたが、同社が真剣に検討した様子は見られず「意思決定の遅さに危機感を感じている」と批判していた。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a505171c68de4755e24f9065171b6126db4a50e9

    【【小売】セブンアンドアイがそごう・西武売却へ、売却額2000億円以上想定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】カバードコールのQYLDと仕組債のJEPI、商品設計が複雑なのは懸念事項?底値でVOOを全て売ってしまい後悔しかない…?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【嫁が水道水は体に悪いとか言うんだけど】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 山師さん 2022/01/31(月) 15:53:00.97 ID:CAP_USER
    31日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前週末比284円64銭(1.07%)高の2万7001円98銭で終えた。2万7000円の節目を終値ベースで3営業日ぶりに回復した。前週末の米市場でのハイテク株高を支えに買いが優勢だった。業績期待の高い半導体関連や、海運株の上昇が目立った。

    日経平均は午後に上げ幅が400円超となる場面があった。商船三井が昼休み中に2022年3月期の業績予想と配当予想の上方修正を発表したのが投資家心理を上向かせた。海運大手3社はいずれも大幅高となったほか、半導体関連などへの買いも強まった。

    きょうは東証マザーズ指数が大幅上昇したのも投資家の過度なリスク回避の動きを和らげた。1月の大幅下落で日本株に対する値ごろ感を指摘する声もあった。ただ、米金融政策などを巡って米国株が不安定な動きを続けるなかで、相場の先行きについては慎重にみる市場関係者は多い。海運株への買いが一服すると日経平均も伸び悩んだ。銀行や保険、陸運株など景気敏感株の一角には売りが出た。

    JPX日経インデックス400は続伸した。終値は前週末比158.99ポイント(0.94%)高の1万7087.09だった。東証株価指数(TOPIX)も続伸し、19.04ポイント(1.01%)高の1895.93で終えた。

    東証1部の売買代金は概算で3兆2130億円。売買高は13億1461万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1715と、全体の8割弱だった。値下がりは417、変わらずは52銘柄だった。

    東エレク、ソフトバンクグループ(SBG)、リクルート、アドテストが上昇した。一方、ファストリ、オムロン、ファナック、東京海上が下落した。

    1月の日経平均株価は月間で1789円(6.2%)安だった。月間の下げ幅としては新型コロナウイルスの感染拡大で大幅安となった2020年3月の2225円(10.5%)安以来、1年10カ月ぶりの大きさとなる。米連邦準備理事会(FRB)が金融引き締めに前向きな「タカ派」に傾くなか、株式市場からの資金流出を警戒した売りに押された。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕

    2022年1月31日 15:26
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXZASS0ISS16_R30C22A1000000/

    【【株価 1/31】東証大引け 続伸、2万7000円回復 月間では6%安【前週末比284円64銭(1.07%)高】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【eMAXIS Slim・Neo】1/31基準価額一覧】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【うちの嫁がゴミ捨てに行ってくれないんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】米国株で空売りとか危険度はカジノどころじゃないね?指数がマイナスなのは俺だけ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】開戦したら株価(指数)って下がるの?TSLA880難民、いつか救ってくれ…?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】SOXLとTZAで往復ビンタ喰らった…(´;ω;`)!?】の続きを読む