米国株ETFまとめ速報

米国株やETF、投資信託等に興味のある人が楽しめる記事を作成・掲載しています。米国株はドラマチック。

    投資に関しては自己責任でお願い申し上げます。
    掲載した情報に基づき被った損害につきましては、当ブログは一切責任を負いません。

    iDeCo・NISA

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】NISA枠でどのコースを選ぶ?GAFAの法案はプロレスか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【積立NISAより毎月貯金の方が良くね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【積立NISAって20年後に大敗する可能性もあるんか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【なんでiDeCoが最強の投資商品なんや?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ボラえもん ★ 2021/05/28(金) 15:19:21.11 ID:KqV3TNEj9
    若手社会人でこれから資産形成をしたいと考えているなら、まず活用したいのが、つみたてNISAです。
    長期間の積立の効果は大きいものですが、今からつみたてNISAをはじめると、一体、将来どれくらいの資産を作れるのでしょうか? シミュレーションしてみました。

    ■つみたてNISAでどれだけおトク?

    つみたてNISAは年間40万円、月換算で3.3万円まで積み立てができます。
    そこで、毎月の積立金額0.5万円、1万円、3万円、利回りが3% と5% の場合で資産の増え方、節税できる金額をシミュレーションしてみました。

    <20年積み立てた場合>
    積立金額/月 : 0.5万円
    元本総額 : 120万円
    3%…(運用益)44万円(最終金額)164万円(節税額)9万円
    5%…(運用益)86万円(最終金額)206万円(節税額)17万円

    積立金額/月 : 1万円
    元本総額 : 240万円
    3%…(運用益)88万円(最終金額)328万円(節税額)18万円
    5%…(運用益)171万円(最終金額)411万円(節税額)35万円


    積立金額/月 : 3万円
    元本総額 : 720万円
    3%…(運用益)265万円(最終金額)985万円(節税額)54万円
    5%…(運用益)513万円(最終金額)1,233万円(節税額)104万円

    20年続けると元本だけでも大きな金額になりますね。
    それに対して利回りがつきますから、節税額もかなり大きくなることが分かります。

    ここで節税額について少し説明すると、通常、投資などで利益を得た場合、利益に対して20.315%の税金がかかります。
    これは銀行預金についても同じことが言えます。銀行預金の場合、低金利なので利息自体が少なく、税金がかかっているとしても気にならない金額です。
    100円の利息がついたとしても税金は約20円ですからね。それほど気になりません。

    ところが、投資になると話は変わります。利益が大きくなると、税金も高くなるからです。
    しかし、つみたてNISAだと税金はかかりません。表の「節税額」は、本来ならかかるはずの税金を表しています。

    今回、3%と5%で利回りを設定して計算していますが、つみたてNISAは元本保証がありませんから、もちろんこの利回りで運用できるとは限りません。

    しかし、金融庁の資料(*)では20年間、国内外の株式、債券に投資をした場合の収益率は2~8%に収まっているというデータがあります。
    したがって3%や5%の利回りは非現実的な数字ではありません。これらの利回りでシミュレーションすると、節税額だけでもトクした気分になれますね。

    (全文はソースにて)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3c150858024a9d381b3970b6e8df644b03c113b4

    20年積み立てた場合の試算表
    https://news.mynavi.jp/article/tsumitatenisa20-2/images/002.jpg

    【【資産形成】社会人が「つみたてNISA」をしたら、20年後こんなに得をする】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【暇人ワイ積立NISA始める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】長期でCRWD、NVDA、PLTR握ろうと思う?iDeCoをしているからこそ今リスクを取れる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【ワイの積立NISAついにマイナスやんけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【【初心者勉強用】積立NISAはじめたけど、どれに投資したらいいか教えなさい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【学生だけど楽天で積立NISAやろうかと思ってる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株・積立NISA】もしかしてS&P500だけ買い続けるのが正解なんか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ボラえもん ★ 2021/04/29(木) 16:13:51.80 ID:x8EkavPp9
    若者の間で、インデックス投資が流行している。インデックス投資とは、個別企業の株式を購入するのではなく、
    日経平均やダウ工業株平均といった株価指数に連動する投資信託を購入することで、株式市場全体に投資する手法だ。

     一昔前までは、株式投資といえば上がりそうな銘柄を探してそれを買うというイメージが強かった。ではなぜ、今インデックス投資が盛り上がっているのだろうか。

    ■老後に向けた資産形成を意識する若者たち
     「損をしたくないので、インデックスでしっかりコツコツと積み立てたい」。そう話すのは、楽天証券が若年層向けに行ったイベントに参加した大学生だ。
    ニュースで年金不安の話などを聞き、自分で老後に向けた資産形成を早めに始めようと思い、知識を得るために参加したという。

     「一発当ててもうけたい」といった山っ気はそこにはない。大もうけはできなくても、投資先を分散し、
    長期にわたって積み立てれば、資産は着実に増加するという、金融庁が旗を振って進めてきた長期・分散・積立の概念が浸透してきた形だ。

     これを後押しする制度も普及が進んでいる。非課税期間が20年と長い、「つみたてNISA」制度は、2020年6月末時点で244万3700口座を突破。
    うち、20歳代が16.8%、30歳代が26.5%と、20~30歳代で4割を占める。これは同じ非課税制度であるNISAにおいて、
    20~30歳代の比率が14.2%にとどまるのと対照的だ。また、20年3月末からの3カ月間の伸び率も、20歳代で19.2%、30歳代で13.1%と増加ペースが速い。

     楽天証券のファンドアナリスト篠田尚子氏は、「若い人であればあるほど、つみたてNISAを開設し、そこで投資を始めている。インデックスファンドを使う人がマジョリティだ」と話す。

     楽天証券は、若者のつみたてNISAの受け皿となって、このところ大きく口座数を増加させている。
    20年12月末時点で、楽天証券のつみたてNISA設定件数は126.5万件。積立設定件数全体は対前年で49.1%の伸びを見せたが、その多くをけん引したのがつみたてNISAだ。

    (以下略、全文はソースにて)
    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2104/23/news092.html
    https://image.itmedia.co.jp/business/articles/2104/23/ksind1.jpg
    https://image.itmedia.co.jp/business/articles/2104/23/ksind2.jpg

    【【資産形成】若者の間で「つみたてNISA」によるインデックス投資が流行中、金融庁推奨の「長期・分散・積立」投資が浸透】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】ジュニアNISA出来高ランキングはやっぱ狂ってる?爆損に耐えるのって想像以上にキツイ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【【初心者勉強用】積立NISAか一般NISAかという答えの出ない議論】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【含み損を耐える会】みんなで積立NISAインデックスやろうぜ耐える会の諸兄が学んだことを発表?】の続きを読む

    このページのトップヘ