米国株ETFまとめ速報

米国株やETF、投資信託等に興味のある人が楽しめる記事を作成・掲載しています。負けから学び、勝ちを拾おう。米国株はドラマチック…!!

    投資に関しては自己責任でお願い申し上げます。
    掲載した情報に基づき被った損害につきましては、当ブログは一切責任を負いません。

    Amazon

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】トルコ、インフレは鈍化しているか?Amazonの株式分割の魅力とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
      【Amazonの株を100万くらい買ったら、たぶんバグで3000万になったんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】高配当に釣られて買ったQYLD、減配で驚きを隠せない…!?Amazonのレーティングはなぜこの評価なんだろう?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 山師さん 2022/05/20(金) 21:28:03.74 ID:CAP_USER
    Amazonは18日、新世代「Fire 7タブレット」と「Fire 7キッズモデル」の予約販売を開始した。Fire 7 タブレットは6,980円、Fire 7 キッズモデルは12,980円。どちらも出荷開始は6月29日を予定している。

    新世代のFire 7専用のAmazon純正カバーは、ブラック、ブルー、ラベンダーを各2,980円で用意。キッズモデルはブルーとパープルのカラーバリエーションを用意。Amazon純正キッズカバーは、それぞれ2,890円でカバー単体の購入も可能。

    Amazon以外での販売は、どちらのモデルも、エディオン、ケーズデンキ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ビックカメラ、ヤマダデンキを始めとした、現在取り扱いのある店舗にて、6月下旬より順次発売開始を予定している。

    7型で1,024×600ドットのディスプレイを採用。2GBのRAMと、2GHzのクワッドコアプロセッサを搭載。前世代機に比べて処理速度が最大30%高速化し、より快適に読書やアプリコンテンツが楽しめるという。

    さらに、1回の充電で前機種に比べて持続時間が40%増。最大10時間の利用が可能になった。また、充電端子が新たにUSB-C(2.0)になった。

    16GBの内蔵ストレージに加えて、別売のmicroSDカードの利用で、最大1TBまでストレージ容量を拡張できる。16GBを使い、約200冊のマンガをKindleストアよりダウンロードして保存可能。SDカードを使った拡張で、最大約20,000冊のマンガをダウンロードして持ち歩ける。

    カメラの配置を縦中央から横中央に移動させ、周囲のベゼルの幅を狭めて、よりすっきりと見せるデザインを採用。落下テストでの耐久性はiPad mini(2021)の2倍だといい「丈夫で持ち運びにも安心」だという。

    外形寸法は181×118×9.7mmで、重量は282g。
    https://asset.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1410/304/f01_s.jpg
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1410304.html

    【【製品】Amazon、USB-Cで10時間駆動の新世代「Fire 7タブレット」。6,980円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】これから信用できる銘柄はAAPLとMSFTとTSLA以外に何がある?アレクサにAmazonの株価大丈夫?って聞いみた結果www?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】今回のAmazonの決算ではどんな裏技を使ってくるかな?無理してベアを買う必要はないのでは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】TSLA、Amazon、Googleの分割三兄弟ならどれを買う?経産省、全固体より液系リチウムを優先か!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 山師さん 2022/03/18(金) 08:58:31.14 ID:CAP_USER
     米Amazon.comは3月17日(現地時間)、「007」シリーズなどで知られる米映画制作会社MGMの買収を完了したと発表した。この取引は昨年5月に発表されたもので、買収総額は84億5000万ドル(約9200億円)だ。

     この取引については、欧州委員会と米FTCが調査していた。欧州委員会は15日、無条件で承認した。AmazonとMGMのビジネスの重複は「限定的」だという判断だ。FTCからは公式発表はまだない。

     Amazonは発表文で「MGMはプライムビデオとAmazon Studioの作品を補完する」としているが、組織的な扱いをどうするのかについての説明はない。

     MGMは1924年創業の映画製作会社。主な作品には、「12人の怒れる男」「氷の微笑」「007」シリーズ、「ポルターガイスト」「レイジングブル」「ロボコップ」「ロッキー」「羊たちの沈黙」「スターゲイト」「テルマ&ルイーズ」「トゥームレイダー」などがある。「ファーゴ」や「シャーク・タンク」などのテレビ画組も多数手掛けている。2010年には破産法適用申請し、買い手を探していた。
    2022年03月18日 07時46分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2203/18/news076.html

    【【IT】Amazon、MGMの買収を完了】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】Amazon、株式分割は喜ばしいが、Googleの分割を思い出す!?東証で原油ETF握ったら会議なんて頭に入らん?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 山師さん 2022/03/10(木) 08:18:56.00 ID:CAP_USER
    【シリコンバレー=奥平和行】米アマゾン・ドット・コムは9日、株式分割を実施すると発表した。5月27日時点の株主が保有する1株を20株にする。同社の株式分割は約23年ぶりになる。自社株買いの限度額を現行の50億ドル(約5800億円)から100億ドルに引き上げることも併せて公表し、株主を重視する姿勢を強めている。

    株式分割により最低投資金額を引き下げ、より多くの投資家を呼び込むことを狙っているもようだ。一連の取り組みが好感され、9日の米株式市場の時間外取引でアマゾンの株価は一時、同日終値よりも9%超上昇した。

    新型コロナウイルスの流行に伴いインターネット通信販売の需要が拡大し、アマゾンの業績を押し上げた。一方、足元では多くの地域でコロナの影響が薄くなり、同社の成長も鈍化していた。さらにガソリン高が物流費の上昇につながる懸念も強まっている。アマゾンの株価は年初に比べ、20%近く下落していた。

    米IT(情報技術)業界ではアップルが2020年8月、1株を4株にする株式分割を実施して株価の上昇につなげた。グーグルの持ち株会社であるアルファベットも今年2月、7月に1株を20株に分割する計画を公表している。アマゾンは1999年9月に1株を2株に分割したのが最後だった。
    2022年3月10日 8:07
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN100J60Q2A310C2000000/

    【【激震】Amazonが株式分割 自社株買いは最大100億ドルに】の続きを読む