投資に関しては自己責任でお願い申し上げます。
    掲載した情報に基づき被った損害につきましては、当ブログは一切責任を負いません。

    S&P500

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
      【【過熱感・Extreme Greed】4/9 S&P500騰落レシオ・VIX(恐怖指数)・Fear & Greed Index】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【ワイちゃん、ついに投資デビュー。目指せ億万長者】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
      【【過熱感・Greed】4/8 S&P500騰落レシオ・VIX(恐怖指数)・Fear & Greed Index】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】お年玉をS&P500に入れてくれる親だったらなぁ?普通NISAは金融庁が考えてたのと違う使われ方した?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
      【【過熱感・Greed】4/7 S&P500騰落レシオ・VIX(恐怖指数)・Fear & Greed Index】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
      【【過熱感・Greed】4/6 S&P500騰落レシオ・VIX(恐怖指数)・Fear & Greed Index】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株・ETF】VOO積み立ては為替リスクがある?今日S&P500に一括した?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ボラえもん ★ 2021/04/05(月) 11:41:00.06 ID:QjYpU4so9
    米国株相場は今後約10年で現在の2倍になると、サンフォード・C・バーンスタインのストラテジストらが予想した。
    新型コロナウイルス禍に起因する政策の変化と投資家の実質リターン追求が資金を株式へと追いやるとみている。

    ストラテジストのイニゴ・フレーザージェンキンス、アラ・ハームズワース両氏はリポートで、S&P500種株価指数の2020年代末の目標を8000とした。29日の終値は3971。

    19年時点には4000と予想していたフレーザージェンキンス氏は考えを変えた理由について電子メールで、
    「政策環境が全く変わり、過度にならない程度にインフレが加速し、実質金利が低水準にとどまる可能性が生じた。
    政策の変化と投資家が一定水準の実質リターンを上げる必要を踏まえた予想だ」と説明した。

    ストラテジストらはリポートで「金利はインフレの兆候に迅速には反応しないかもしれない。
    その場合、実質利回りは長期にわたって低迷し、市場のバリュエーションが正当化される」と分析した。

    ただ、米国株の強気見通しも、株式60%、債券40%の伝統的資産配分からポートフォリオを多様化させる必要性をなくすものではないとも指摘
    金および場合によっては仮想通貨への配分を増やすことなども勧めた。
    https://shikiho.jp/news/0/420204

    【【経済】「S&P500」など米国株価指数、今後10年で現在の2倍まで上昇の予測】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
      【【過熱感・Greed】4/5 S&P500騰落レシオ・VIX(恐怖指数)・Fear & Greed Index】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団 ★ 2021/04/02(金) 06:59:44.07 ID:Q0sZmw8t9
    NY市場サマリー(1日)S&P4000ポイント突破


    新規失業保険申請件数は71万9000件と前週から増加し、市場予想の68万件を超えた。
    ただ、新型コロナウイルスワクチン接種の加速や政府の財政出動を追い風に経済活動は持ち直しており、
    労働市場の改善傾向に変わりはないとみられる。

    他の経済指標では、民間雇用調査会社のチャレンジャー・グレイ・クリスマスが発表した3月の米企業人員削減数が3万0603人と、
    前月から11%減少し、2018年7月以降で最小となった。米供給管理協会(ISM)の3月製造業景気指数は64.7と、37年超ぶりの高水準を記録した。
    2日に発表される3月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が約65万人増加するなど、底堅い内容が予想されている。

    <株式> 米国株式市場は上昇し、S&P総合500種は初めて4000ポイントを上抜けた。
    マイクロソフトやアマゾン・ドット・コム、アルファベットなどが上昇を主導したほか、米景気回復を巡る楽観的な見方も追い風となった。

    マイクロソフト、アマゾン、アルファベット、エヌビディアはいずれも2%超上昇。これらの成長株はここ数週間、
    経済再開による恩恵を受けるとみられるバリュー株をアンダーパフォームしてきたが、このところ持ち直しの兆しを見せている。

    アルファベットは3.3%上昇し、終値で最高値を更新した。

    S&P500は年初来で約7%高となり、2020年3月に付けた安値を80%上回っている。
    https://jp.reuters.com/article/ny-markets-summary-idJPKBN2BO6QV

    【【コロナワクチン普及】 米国株式市場上昇、S&P総合500種は初めて4000ポイントを突破】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
      【【過熱感・Greed】4/2 S&P500騰落レシオ・VIX(恐怖指数)・Fear & Greed Index】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
      【【過熱感・Neutral】4/1 S&P500騰落レシオ・VIX(恐怖指数)・Fear & Greed Index】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
      【【過熱感・Neutral】3/31 S&P500騰落レシオ・VIX(恐怖指数)・Fear & Greed Index】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
      【【過熱感・Fear】3/30 S&P500騰落レシオ・VIX(恐怖指数)・Fear & Greed Index】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【米国株】妻のダウとS&P500のインデックスのパフォーマンスを超えるのは難しい?】の続きを読む

    このページのトップヘ