【投資の教科書・初心者勉強用】オススメしたい投資の教科書

 


お世話になっております。管理人です。




スレをまとめている中で、よく投資の勉強をするためにオススメの本はないか」というレスを目にします。




その人が、どの投資をしたくて、そしてどのような結果を求めるのかにより、オススメは異なります。




そのため、数多くの本に触れ、自分の投資スタイルに合った投資の教科書を見つけることが重要となります。




私の投資スタイルは、以下のとおりです。



・米国株、日本株、ETF、投資信託は超長期ホールド



もし、読者のみなさんの中で、上記の投資スタイルに合う人や似た人がいた場合、下記にて紹介する投資本はお力になれるはずです。




尊敬する他のブロガーのオススメするの本を片っ端から読んでいるため、紹介する内容にオリジナリティはございません。
しかし、私のような者でも理解でき、効果が出ているため、同じスタイルを取る方には参考になると思います。




それでは、以下7点の書籍を紹介いたします。
参考になれば幸いでございます。





======================================






1.株式投資第4版 長期投資で成功するための完全ガイド
ジェレミー・シーゲル著
林 康史+藤野 隆太監修




(↑はAmazon商品詳細へのリンクとなっております。
 上記から購入いただけますと励みになります。
 是非ともよろしくお願いいたします。)

言わずと知れた米国株投資の教科書です。

株式投資の優位性、分散の重要性等、具体的な指針が満載で、参考になります。




データも豊富で、一度読んだだけではなかなか理解できない章もありますが、何度も読み、知識を自分の血肉に替えることで得られるものは大きいはず。




米国株投資を始める方にぜひ読んでほしい一冊です。
きっと読破に要した時間に見合ったリターンが得られるでしょう。






2.ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理
バートン・マルキール著
井手 正介訳




(↑はAmazon商品詳細へのリンクとなっております。
 上記から購入いただけますと励みになります。
 是非ともよろしくお願いいたします。)


全世界でベストセラーおよびロングセラーを誇る、まさしく
「投資のバイブル」
「インデックスファンドへの投資がベスト」という主張が単純明快。
かつデータを用いてそれを論じています。




アクティブファンドの長期リターンが市場平均を下回ることを証明し、「猿がダーツで選んだポートフォリオを運用するのと等しい」という一文はあまりにも有名です。





しかし、大変ボリュームがあり、データの量も多く、難解な箇所もあるため、時間をかけ何度も読みゆっくり理解する必要があります。
焦らず、自分のペースで読み進めましょう。






3.敗者のゲーム<原著第6版>
チャールズ・エリス著
鹿毛 雄二訳




(↑はAmazon商品詳細へのリンクとなっております。
 上記から購入いただけますと励みになります。
 是非ともよろしくお願いいたします。)


最も簡単に結果を出す方法として
インデックス・ファンドを活用することを教えてくれる、時代を超えて愛される投資哲学のバイブルです





「インデックス・ファンドはほとんどのポートフォリオ・マネジャーを打ち負かしてしまうほどの結果を出す」という内容に読んだ当初は衝撃を受けました。




そして、「インデックス・ファンドは面白おかしくないものの、投資計画・方針を策定し、自ら規律を厳守することで日々のマーケットの変動に動じない」は私の投資スタイルに大きな影響をもたらしました。




投資のアマチュアがプロのように攻めてポイントを取りに行く「勝者のゲーム」を取ることは難しいかも知れません。
自らはミスをせず、相手のミスをひたすら待ってポイントを取る「敗者のゲーム」を取れるようになりたいものです。








4.インデックス投資は勝者のゲームー株式市場から確実な利益を得る常識的方法 (ウィザードブックシリーズ Vol.263) 
ジョン・C・ボーグル(John C. Bogle)著 
長尾 慎太郎監修
藤原 玄翻訳